イッツ・オンリー・ロックン・ロール It’s Only Rock’n Rollは1974年10月にリリースされたローリング・ストーンズ the Rolling Stonesのアルバム

スポンサーリンク

It’s Only Rock’n Rollは、1974年10月にリリースされたthe Rolling Stonesのアルバム

アルバムタイトルチューンのIt’s Only Rock ‘n Roll (But I Like It)は、作詞作曲Jagger/Richardsのクレジットになっているが、当時フェイセズのギタリストで後にthe Rolling StonesのギタリストとなるRonnie WoodがMick Jaggerと共同で作曲した

この曲のベーシックトラックは、LondonのRichmondにあるRonnie Woodの自宅スタジオThe Wickにて一晩で録音された

ベーシックトラックは、Mick Jaggerのリードヴォーカルに合わせてDavid Bowieがバッキングヴォーカルを務め、Willie Weeksがベース、Kenney Jonesがドラムを担当、アルバムに収録されているヴァージョンもそのオリジナル・レコーディングに近いもの

このことでThe Rolling Stonesとの関係を深めたRonnie Woodが、後に新メンバーとして加入するのは自然な流れだった

Amazon | イッツ・オンリー・ロックン・ロール | ザ・ローリング・ストーンズ | ロック | ミュージック
イッツ・オンリー・ロックン・ロールがロックストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

収録曲
If You Can’t Rock Me
Ain’t Too Proud to Beg
It’s Only Rock ‘n Roll (But I Like It)
Till the Next Goodbye
Time Waits for No One
Luxury
Dance Little Sister
If You Really Want to Be My Friend
Short and Curlies
Fingerprint File

The Rolling Stones ローリング・ストーンズ レコーディング時メンバー
Mick Jagger ミック・ジャガー
Keith Richards キース・リチャーズ
Mick Taylor ミック・テイラー
Bill Wyman ビル・ワイマン
Charlie Watts チャーリー・ワッツ

Basic track on “It’s Only Rock ‘n Roll (But I Like It)”
ケニー・ジョーンズ Kenney Jones – drums
ウィリー・ウィークス Willie Weeks – bass guitar
デビッド・ボウイ David Bowie – backing vocals
ロン・ウッド Ronnie Wood – twelve–string acoustic guitar, backing vocals

ローリング・ストーンズ記念日、公式Twitterの誕生日が1962年7月12日になってます、The Rolling Stonesがロンドンのクラブに初出演した日だそうです

日本では2月14日がザ・ローリング・ストーンズの日です、これは1990年2月14日にThe Rolling Stonesが初来日公演を東京ドームで行った日だそうです

タイトルとURLをコピーしました