ビル・ワイマン3曲しか弾いてない? Goats Head Soup  the Rolling Stones 山羊の頭のスープ ローリング・ストーンズ

スポンサーリンク

Goats Head Soupは1973年8月にリリースされたthe Rolling Stonesのアルバム

Dancing with Mr. D
100 Years Ago
Coming Down Again
Doo Doo Doo Doo Doo (Heartbreaker)
Angie
Silver Train
Hide Your Love
Winter
Can You Hear the Music
Star Star

Amazon | 山羊の頭のスープ スーパー・デラックス・ボックス<3CD+1ブルーレイ>(完全生産限定盤)(3SHM-CD+Blu-ray付) | ザ・ローリング・ストーンズ | ロック | 音楽
山羊の頭のスープ スーパー・デラックス・ボックス(完全生産限定盤)(3SHM-CD+Blu-ray付)がロックストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

The Rolling Stonesレコーディング時メンバー
Mick Jagger
Keith Richards
Mick Taylor
Bill Wyman
Charlie Watts

あれ?このアルバム、Bill Wyman – bass guitar (5, 8, 10)3曲しか弾いてない?

『メイン・ストリートのならず者』Exile on Main St.でも全18曲のうち8曲
Bill Wyman – bass guitar (on “Rocks Off,” “Shake Your Hips,” “Sweet Virginia,” “Sweet Black Angel,” “Loving Cup,” “Ventilator Blues,” “Let It Loose” and “Stop Breaking Down”)

ちょっとwikiでも見てみるか?やはりこの2枚のアルバムが特に少ないらしい

『メイン・ストリートのならず者』と『山羊の頭のスープ』に至っては、収録曲のうち半数以上でビル以外の人物がベースを弾いている
ビル・ワイマンは自身のパートを録り終えたら他のメンバーが残っていても帰ってしまうことが多かった(wikiより引用)

コレは、ビル・ワイマンがドラッグはやらない、酒は弱い、整った人生が好き、ミック顔負けの女好き、なので定時で来て定時で帰り女の処へ、という生活だったのでは?

ビル・ワイマンのインタビュー(wikiより引用)
ベースは代わりが利き易い
チャーリーの代わりは難しい
ミックやキースのパートは奴らが不在でも翌日にオーバーダブできる
でもリズム・トラックはベースとドラムを一緒に録らなきゃならない
だから俺がいようがいまいが、ベーシックトラックを録るには誰かが俺のパートをやらなきゃならないという点で、俺は不利なんだ
誰かが俺のパートをやってしまったら、もう後から差替えは出来ないしね

最後に、ビル・ワイマンは決してベースが下手だから演奏が少ない訳では無い
以下wikiより引用
ビルのプレイはベースソロや派手なフレーズとは無縁だったものの、そのプレイはチャーリーと共に「ロック界で最もまともなリズムセクション」と評された、また、他のメンバーがベースを弾いた曲でも難なくそれを再現して見せた


タイトルとURLをコピーしました