Φ PHY ファイ THE ROOSTERZ THE ROOSTERS 奇跡のようなアルバム

スポンサーリンク

Φ PHY(ファイ)は1984年12月にリリースされたルースターズの6枚目のアルバム
大江慎也在籍時にリリースされた最後のアルバム、大江慎也の作曲は1曲のみ、大江慎也が作詞し下山淳が作曲という曲が2曲収録

これまでルースターズのレコーディングは、大江慎也の作品を皆でどう仕上げるかだったが、Φ PHYレコーディング時、大江慎也は作品を作れる状態ではなく、花田裕之と下山淳は二人で話し考えてレコーディングを進めた、その結果、大江慎也のヴォーカルと下山淳のギターが本格的に絡み合った最初で最後の奇跡のようなアルバム、中期ルースターズの傑作アルバムは誕生した

Amazon | PHY | ザ・ルースターズ, THE ROOSTERS | J-POP | 音楽
PHYがJ-POPストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

収録曲
Venus(作詞:柴山俊之、作曲:花田裕之)
COME ON(作詞:大江慎也、M. Alexander、作曲:大江慎也)
DOWN DOWN(作詞:柴山俊之、作曲:花田裕之)
HEAVY WAVY(作詞:大江慎也、作曲:下山淳)
BROKEN HEART(作詞:柴山俊之、作曲:花田裕之)
FEMME FATALE(作詞・作曲:Lou Reed)
STREET IN THE DARKNESS(作詞:柴山俊之、作曲:花田裕之)
MESSAGE FROM…… COME ON, LOVE MY GIRL(作詞:柴山俊之、作曲:花田裕之)
LAST SOUL(作詞:大江慎也、作曲:下山淳)
MUSIC FROM ORIGINAL MOTION PICTURE “PUNISHMENT”(作曲:花田裕之、下山淳)

2000年の再発盤収録のボーナストラック
Come On To Me(作詞・作曲:大江慎也)
I’ll Be Eyes(作詞:ザ・ルースターズ、作曲:花田裕之)
Femme Fatale(作詞・作曲:Lou Reed)
Tonight(作詞・作曲:David Bowie、Iggy Pop)

レコーディング参加メンバー
大江慎也,花田裕之,下山淳,灘友正幸,安藤広一
ベースの柞山一彦はレコーディングには参加していない、ベースは下山淳が担当、Down Downのコーラスは柴山俊之

The Roosters made their debut in November 1980 with the single “ロージー/恋をしようよ”.(Rosie / Let’s Make Love)
The Roosters initially had a high-octane sound based on R&B, blues rock, and punk rock, with a focus on covers of the Rolling Stones and Chuck Berry.

The Roosters did many covers, such as the Champs’ “Tequila,” Eddie Cochran’s “Come On Everyday,” and Bo Diddley’s “Mona,” but they continued to release a number of speedy songs, such as the original “ロージー(Rosie)” and “恋をしようよ(Let’s Make Love).

However, in the middle of the band, the first vocalist, Shinya Oe, left the band due to mental health problems. After that, guitarist Hiroyuki Hanada took over the vocals, but the band stopped its activities in 1988. Since then, the band has been active on an irregular basis since around 2009.

タイトルとURLをコピーしました