腑抜け野郎の脳天をたたき割れ!! THE ROOSTERS ザ・ルースターズは、1980年に発売されたルースターズの1stアルバム 俺はだだおまえとやりたいだけ

スポンサーリンク

THE ROOSTERS ザ・ルースターズは、1980年11月にリリースされたルースターズの1枚目のアルバム、帯に書かれたキャッチコピーは腑抜け野郎の脳天をたたき割れ!!

私が特に好きな曲はMonaとDo The Boogie、ルースターズのライブに通い始めて好きになりました、特にDo The Boogie!ライブでのリズムは一定ではなく、緩やかに始まったかと思うと途中から一気にスピードアップ!素晴らしいリズム隊の上で戦う様なギター2本

Do The Boogieはサンハウスの踊る阿呆(ブギしよう)が原曲、でも踊る阿呆は作詞作曲:鮎川誠となってます、柴山俊之がルースターズの為に歌詞を書いたのでしょうか?誰か教えてください

サンハウス SONHOUSE Live(audio only)1973.12.27@福岡ぱわあはうす(2/2)
Amazon | Roosters by Roosters | Roosters | ミュージック | 音楽
Roosters by Roostersがミュージックストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

収録曲
テキーラ 作曲:Chuck Rio
恋をしようよ 作詞・作曲:大江慎也
C’mon Everybody 作詞・作曲:Eddie Cochran,Jerry Capehart
Mona (I Need You Baby) 作詞・作曲:Ellas Modaniels
Fool For You 作詞・作曲:大江慎也
ハリー・アップ 作詞・作曲:大江慎也
In And Out 作曲:ザ・ルースターズ
ドゥ・ザ・ブギー 作詞:柴山俊之、作曲:鮎川誠
新型セドリック 作詞・作曲:大江慎也
どうしようもない恋の唄 作詞:南浩二、作曲:大江慎也
気をつけろ 作詞・作曲:大江慎也
Rosie 作詞・作曲:大江慎也

以降は2000年の再発盤収録のボーナストラック
Rosie (Single Version) 作詞・作曲:大江慎也
Hey Girl (Single Version) 作詞・作曲:大江慎也
Little By Little 作詞・作曲:Nanker Phelge, Phil Spector訳詞:大江慎也
Rosie (In Nurnberg Version) 作詞・作曲:大江慎也

収録時メンバー
大江慎也,花田裕之,井上富雄,池畑潤二

THE ROOSTERS is 1st album by the Roosters, released on November 25, 1980.

The Roosters made their debut in November 1980 with the single “ロージー/恋をしようよ”.(Rosie / Let’s Make Love)
The Roosters initially had a high-octane sound based on R&B, blues rock, and punk rock, with a focus on covers of the Rolling Stones and Chuck Berry.

The Roosters did many covers, such as the Champs’ “Tequila,” Eddie Cochran’s “Come On Everyday,” and Bo Diddley’s “Mona,” but they continued to release a number of speedy songs, such as the original “ロージー(Rosie)” and “恋をしようよ(Let’s Make Love).

However, in the middle of the band, the first vocalist, Shinya Oe, left the band due to mental health problems. After that, guitarist Hiroyuki Hanada took over the vocals, but the band stopped its activities in 1988. Since then, the band has been active on an irregular basis since around 2009.

タイトルとURLをコピーしました