ザ・ローリング・ストーンズ The Rolling Stonesは1964年4月にリリースされた、ローリングストーンズの第1作目のオリジナルアルバム ルースターズが半分以上をカバー

スポンサーリンク

ザ・ローリング・ストーンズ The Rolling Stonesは1964年4月にリリースされた、ローリング・ストーンズの第1作目のオリジナルアルバム

イギリス版収録曲
1. “Route 66” Bobby Troup
2. “I Just Want to Make Love to You” Willie Dixon
3. “Honest I Do” Jimmy Reed
4. “Mona (I Need You Baby)” Ellas McDaniel
5. “Now I’ve Got a Witness” Nanker Phelge
6. “Little by Little” Nanker Phelge, Phil Spector
7. “I’m a King Bee” James Moore
8. “Carol” Chuck Berry
9. “Tell Me (You’re Coming Back)” Mick Jagger, Keith Richards
10. “Can I Get a Witness” Brian Holland, Lamont Dozier, Eddie Holland
11. “You Can Make It If You Try” Ted Jarrett
12. “Walking the Dog” Rufus Thomas

Amazon | ザ・ローリング・ストーンズ(初回生産限定盤) | ザ・ローリング・ストーンズ, トーマス, ドジャー, ザ・ローリング・ストーンズ | ロック | 音楽
ザ・ローリング・ストーンズ(初回生産限定盤)がロックストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

ルースターズは全12曲のうち半分強の7曲をカバー
“Route 66” Bobby Troup
“Honest I Do” Jimmy Reed
“Mona (I Need You Baby)” Ellas McDaniel
“Little by Little” Nanker Phelge, Phil Spector
“I’m a King Bee” James Moore
“Carol” Chuck Berry
“Walking the Dog” Rufus Thomas

音楽系フリーペーパーのRooftopにローリングストーンズについて花田裕之と佐々木亮介が語るという記事があった、その記事抜粋すると

花田裕之×佐々木亮介(a flood of circle)(Rooftop2017年12月号) - インタビュー | Rooftop
ザ・ローリング・ストーンズが1963年から1965年にかけて出演したBBCのラジオ番組での貴重なライブ音源を収録した『オン・エア / On Air』が全世界で同時発売された。昨年発表された11年ぶりの...

──僕は個人的にルースターズを通じてストーンズを知ったんですけど、ルースターズの初期のレパートリーはほぼストーンズのファーストアルバムの……。
花田裕之:パクリだもんね(笑)。
──そんなことはないですけど(笑)ストーンズのアレンジを元にしたリズム&ブルースが重要なレパートリーでしたよね。
花田裕之:みんなでよくストーンズを聴いてたからね。最初は半強制的なところがあったりもしたけど。
佐々木亮介:誰が強制してたんですか?
花田裕之:それはもちろん、大江慎也さん(笑)。「これ聴いて」って。


タイトルとURLをコピーしました