THE ROOSTERS a-GOGO ザ・ルースターズ・ア・ゴーゴー 明るい青少年(FANTASTIC KIDS)のためのロックン・ロール!はやくも飛び出した青春のロックン・ローラー”ルースターズ”第2弾”!!

スポンサーリンク

THE ROOSTERS a-GOGOは、1981年6月25日にリリースされたTHE ROOSTERSの2ndアルバム、帯には「明るい青少年(FANTASTIC KIDS)のためのロックン・ロール!はやくも飛び出した青春のロックン・ローラー”ルースターズ”第2弾”!!」

私がTHE ROOSTERSを知ったのは2ndアルバムa-GOGO発売の頃でした、なので初めて買ったルースターズのアルバムはa-GOGO、カセットテープでの購入でした

私は友達といろんなバンドが出てる野外ライブに出かけた、私と友達のお目当てのバンドは何だったのか記憶にない、その頃は私はハードロックが好きだったのでBowwowか子供ばんどか、そんなところ

そこにTHE ROOSTERSが出てきてヴワーと演奏しだした、私はカラフルな服装でギターをかき鳴らしながら唄う男に目と耳を奪われた

後日a-GOGOをカセットテープで購入、ウォークマンで聴きまくる生活に突入、新宿ロフトに通い、1stアルバムも購入、THE ROOSTERSに脳天叩き割られました

a-GOGO、最初はポップなA面が好きだった、ラジオのチューニング音って今どき知ってるのか?LIPSTIC ON YOUR COLLARからONE MORE KISS、まさに明るい青少年のためのロックンロール!

しかしカセットテープでウオークマンだったのでA面が終ればB面が始まる、好きな曲だけ選んで聴くのは面倒な時代だった、攻撃的な爆走ナンバーが鳴り始める、DissatisfactionからFade Awayカッコイイぞ、だんだんB面の方が好きになる、特に好きだったのはBACILLUS CAPSULEでした

Amazon | THE ROOSTERS a-GOGO | ザ・ルースターズ | J-POP | 音楽
THE ROOSTERS a-GOGOがJ-POPストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

収録曲
RADIO上海〜WIPE OUT(作曲:J. Fuller、B. Berryhill、R. Wilson、P. Connolly)
LIPSTIC ON YOUR COLLAR(作詞:E. Lewis、作曲:G. Goehring)
ONE MORE KISS(作詞:大江慎也、M. Alexander、作曲:大江慎也)
SITTING ON THE FENCE(作詞・作曲:大江慎也)
GIRL FRIEND (Album Version) (作詞・作曲:大江慎也)
DISSATISFACTION(作詞・作曲:大江慎也)
FADE AWAY(作詞・作曲:大江慎也)
BACILLUS CAPSULE(作詞:柴山俊之、作曲:鮎川誠)
FLY(作詞:大江慎也、作曲:ザ・ルースターズ)
I’M A MAN(作詞・作曲:E. McDaniels)
TELSTAR(作曲:Joe Meek)
収録時メンバー
大江慎也,花田裕之,井上富雄,池畑潤二

後に知ったんですが、BACILLUS CAPSULEはSheena&The Rokketsのファーストアルバム#1やキングスネークハイウェイ鮎川誠Early Works1975-1979に収録されているナンバー、もともとはサンハウスのナンバーだったらしい

a-GOGOのリリースから約1ヶ月後の7月、渋谷のライヴハウスEggmanで行われたライヴ(2Stage分)を収録した2枚組のライブアルバムがあります

それは”THE ROOSTERS ザ・ルースターズ THE BASEMENT TAPES~LIVE AT 渋谷EGGMAN 1981″です、Disc1にはリハーサルと1st Stageを、Disc2は2nd Stageを収録、Disc2は何故かベースが余り聴こえないんですよ、Disc2惜しい残念!

Amazon | THE BASEMENT TAPES~SUNNY DAY LIVE AT 渋谷EGG MAN 1981.7.14 | ザ・ルースターズ | J-POP | 音楽
THE BASEMENT TAPES~SUNNY DAY LIVE AT 渋谷EGG MAN 1981.7.14がJ-POPストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

THE ROOSTERS ザ・ルースターズ THE BASEMENT TAPES~LIVE AT 渋谷EGGMAN 1981に含まれるa-GOGO収録のナンバー
Lipstick On Your Collar (リハーサル,2nd Stage)
One More Kiss(1st Stage)
Sitting On The Fence(2nd Stage)
Girl Friend(1st Stage)
Dissatisfaction (リハーサル,1st Stage,2nd Stage)
Fade Away(2nd Stage)
Bacillus Capsule(1st Stage)
Fly(1st Stage)
I’m A Man(2nd Stage)
Telster (リハーサル,2nd Stage)

I got to know THE ROOSTERS when their 2nd album a-GOGO was released!

My friends and I went to an outdoor concert where many bands were playing.I can’t remember what band my friends and I were looking forward to.At that time I was into hard rock, so Bowwow or KODOMO BAND, that’s about it.

Then THE ROOSTERS came out and started playing with great energy.I was mesmerized by the eyes and ears of a man in colorful clothing, strumming his guitar and singing.

I later bought the second album, a-GOGO, on cassette tape, and started listening to it on my Walkman.I started going to the Shinjuku Loft.I also bought the first album.THE ROOSTERS smashed my brain.

The Roosters made their debut in November 1980 with the single “ロージー/恋をしようよ”.(Rosie / Let’s Make Love)
The Roosters initially had a high-octane sound based on R&B, blues rock, and punk rock, with a focus on covers of the Rolling Stones and Chuck Berry.

The Roosters did many covers, such as the Champs’ “Tequila,” Eddie Cochran’s “Come On Everyday,” and Bo Diddley’s “Mona,” but they continued to release a number of speedy songs, such as the original “ロージー(Rosie)” and “恋をしようよ(Let’s Make Love).

However, in the middle of the band, the first vocalist, Shinya Oe, left the band due to mental health problems. After that, guitarist Hiroyuki Hanada took over the vocals, but the band stopped its activities in 1988. Since then, the band has been active on an irregular basis since around 2009.

タイトルとURLをコピーしました