THE ROOSTERS ザ・ルースターズ THE BASEMENT TAPES~LIVE AT 渋谷EGGMAN 1981

スポンサーリンク

THE ROOSTERS ザ・ルースターズ THE BASEMENT TAPES~LIVE AT 渋谷EGG MAN 1981

2003年3月22日ハガクレレコードからリリース
“The Basement Tapes~Sunny Day Unreleased Studio Session”と同時発売された2枚組CD

ルースターズは1981年6月”THE ROOSTERS a-GOGO”をリリース、その約1ヶ月後の1981年7月、渋谷のライヴハウスEggmanで行われたライヴ(2Stage分)を収録した2枚組のアルバム、Disc1にはリハーサルと1st Stageを収録、Disc2は2nd Stageを収録

注意:余程のルースターズ好きで無い限り購入は推奨しません、1981年にアルバムリリースの予定無く収録されたものの為、音源に難あり、特にDisc2はベースが全然聴こえません、ちなみにギターは左が大江慎也、右が花田裕之、ボックスセット”Virus Security”には全曲未収録なのでコレクターの方はどうぞ

悪い所は差し引いて、当時ライブハウスに通った私にとって、演奏はスタジオ盤以上にルースターズです!目を瞑ってヘッドホンで聴けばソコは80年代初頭のライブハウス、Disc1はヘビロテです

ゲオにてオンラインでレンタル可能なのでレンタルで試聴してから、購入を判断した方が良いでしょう

音源収録時メンバー
大江慎也,花田裕之,井上富雄,池畑潤二

Amazon | THE BASEMENT TAPES SUNNY DAY LIVE AT 渋谷EGGMAN(紙ジャケット仕様) | THE ROOSTERS | J-POP | 音楽
THE BASEMENT TAPES SUNNY DAY LIVE AT 渋谷EGGMAN(紙ジャケット仕様)がJ-POPストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

[Disc 1]
1. Rosie (リハーサル)
2. Lipstick On Your Collar (リハーサル)
3. Dissatisfaction (リハーサル)
4. I’m A King Bee (リハーサル)
5. She Does It Right (リハーサル)
6. Bye Bye My Girl (リハーサル)
7. Telster (リハーサル)
8. Everything’s Goes On
9. Dissatisfaction
10. Bacillus Capsule
11. Mona (I Need You Baby)
12. Girl Friend
13. She Does It Right
14. One More Kiss
15. Fly
16. Rosie
17. 新型セドリック
18. Fool For You
19. Bye Bye My Girl

[Disc 2]
1. Telster
2. Come On~Fade Away
3. Mona (I Need You Baby)
4. I’m A King Bee
5. どうしようもない恋の唄
6. She Does It Right
7. I’m A Man
8. Rosie
9. Leather Boots
10. Sitting On The Fence
11. Dissatisfaction
12. 恋をしようよ
13. C’mon Everybody
14. Tequila
15. Do The Boogie
16. Lipstick On Your Collar
17. Bye Bye My Girl

2003年3月ハガクレレコードからリリースされたCD
ハガクレレコード?何ですか?それ?
CDジャーナルによると、2002年から数年間、ユニバーサルミュージックから、日本のロック黎明期のアルバムの復刻や未発表音源等をリリースしたレーベル、らしいです

【レーベル研究】ハガクレ・レコード&くノ一・レコード - CDJournal リサーチ
日本のロックが暗中模索していた70年代にタイムスリップ!……そんな言葉も思わず浮かぶリリース群に、マニアでなくとも頬が緩んでしまう――。ロック世界遺産級のレア音……

CDジャーナルのサイトにハガクレレコードの公式サイトへリンクが貼ってあるんですが、404 PAGE NOT FOUNDとなっております

この音源はFM東京の番組用に録音されたもの
山田康雄がDJのFM東京の番組”セレクテッドアーチスト80″にて、1981年8月2日にオンエア
放送内容は2nd Stageにて収録された、Telster、Come On、Rosie、Dissatisfaction、Fade Away、Do The Boogieとメンバーのインタビュー

The Roosters made their debut in November 1980 with the single “ロージー/恋をしようよ”.(Rosie / Let’s Make Love)
The Roosters initially had a high-octane sound based on R&B, blues rock, and punk rock, with a focus on covers of the Rolling Stones and Chuck Berry.

The Roosters did many covers, such as the Champs’ “Tequila,” Eddie Cochran’s “Come On Everyday,” and Bo Diddley’s “Mona,” but they continued to release a number of speedy songs, such as the original “ロージー(Rosie)” and “恋をしようよ(Let’s Make Love).

However, in the middle of the band, the first vocalist, Shinya Oe, left the band due to mental health problems. After that, guitarist Hiroyuki Hanada took over the vocals, but the band stopped its activities in 1988. Since then, the band has been active on an irregular basis since around 2009.

タイトルとURLをコピーしました