エアロスミス ロックス Rocks Aerosmith 疾走する馬 鞭の音

スポンサーリンク

Rocksは、1976年5月にリリースされたAerosmithの4作目となるスタジオアルバム

なんと言ってもBack in the Saddle です
イントロのドラムビートとギターリフがゆっくりと展開する所からもうたまりません!
疾走する馬
鞭の音
Joe Perryがフェンダーベースで作曲したというカッコイイ!メインリフ、ヘビーで特徴的なベースラインを弾くTom Hamilton、そしてBerklee音大出のBrad Whitfordがギターソロ
叫ぶSteven Tyler、最高です:-)

Steven TylerとJoey KramerはNobody’s Faultがお気に入り
Steven Tylerは、自分の手掛けた曲の中でハイライトのひとつ、Joey Kramerは、自分のドラミングの中で最高のプレイのひとつ
とそれぞれ語っている

Amazon | ロックス | エアロスミス | ロック | 音楽
ロックスがロックストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

収録曲
Back in the Saddle
Last Child
Rats in the Cellar
Combination
Sick as a Dog
Nobody’s Fault
Get the Lead Out
Lick and a Promise
Home Tonight

Aerosmith
Steven Tyler – lead vocals, keyboards, harmonica, bass guitar on “Sick as a Dog”
Joe Perry – guitars, six-string bass on “Back in the Saddle”, bass guitar on “Sick as a Dog”, pedal steel guitar on “Home Tonight”, percussion and outro solo on “Sick as a Dog”, backing vocals, harmony vocal on “Combination”
Brad Whitford – lead guitars on track 1,2,5,6,9 and rhythm guitars
Tom Hamilton – bass guitar, guitar on “Sick as a Dog”
Joey Kramer – drums, percussion, backing vocals on “Home Tonight”

タイトルとURLをコピーしました