みをつくし料理帖から MARIAH MARGINAL LOVE マージナルラヴ プログレ?もしくはP-MODEL!

スポンサーリンク

少し前になりますがテレビで、みをつくし料理帖を観てました
脚本が、ちりとてちん、ちかえもんの藤本有紀なので間違い無し!でテロップにを眺めていると主演 黒木華、音楽 清水靖晃

清水靖晃?清水靖晃!
お~サックスの清水靖晃、マライアの清水靖晃!
好きだったな~マライアってことで引っ張り出してきましたよ”MARGINAL LOVE”
“うたかたの日々”も大好きですが、それは後日書くかも

Mariah is a Japanese band. The band was made up of studio musicians led by saxophonist Yasuaki Shimizu, and debuted with the album “YENトリックス YEN Trix” in 1980. The band disbanded in 1983 after the album “うたかたの日々 Utakata no Hibi”.

Mariahとは
清水靖晃を中心にスタジオミュージシャン、笹路正徳、土方隆行、渡辺モリオ、村川ジミー聡、山木秀夫らが集まり、1980年アルバム”YENトリックス”発売

Mariahの音楽はjazz fusionまたはprogressive rockとカテゴライズされることが多いが、他にもnew wave、Techno、hard rockなどなど色々形容される

The Japanese band Mariah released their third album “Marginal Love” in 1981.The album was recorded in Los Angeles and featured two guest appearances by TOTO guitarist Steve Lukather. The title track, “Marginal Love,” was used as a single cut for a Hitachi Maxell television commercial.

アルバム”MARGINAL LOVE”とは
1981年にロサンゼルスのサンセット・サウンド・レコーダー・スタジオにてレコーディングしリリースされた3rdアルバム

TOTOのSteve Lukatherがゲストで7.RIM OF TIMEと8.ENTRANCE OF ENDLESS CAFEの2曲に参加

私は、P-MODELを思わせるLUCY’S SMALL HOTELが好き
このアルバム”MARGINAL LOVE”のジャンルは何かと尋ねられたら、progressive rockだと答えます、ホントに”Progressive”

Mariah is a band that is difficult to categorize depending on the time period, and includes elements of jazz, fusion, hard rock, progressive rock, techno, and new wave. They are often described as Jazz Fusion or Progressive Rock.

Amazon | Marginal Love | マライア | ジャズ・フュージョン | 音楽
Marginal Loveがジャズ・フュージョンストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

収録曲
1.LUCY’S SMALL HOTEL ルーシファーの小さなホテル
2.MARGINAL LOVE  究極の愛
3.A LONG SHOW BEYOND 気分をいえば
4.PRINCE AND PAUPER おうじとこじき
5.SO WHAT だから?
6.LADY OF THE FIRST WATER 白雪姫
7.RIM OF TIME 時の淵
8.ENTRANCE OF ENDLESS CAFE 終夜営業茶屋入口

Mariah – Marginal Love Full Album 1981

メンバー
清水靖晃 – サックス
笹路正徳 – キーボード
土方隆行 – ギター
渡辺モリオ – ベース
村川ジミー聡 – ヴォーカル
山木秀夫 – ドラム

タイトルとURLをコピーしました