“In The Court Of The Crimson King” King Crimson “クリムゾンキングの宮殿” キングクリムゾン

スポンサーリンク

クリムゾンキングの宮殿を初めて聴いたのは中学生だったと思う
凄いインパクトのあるレコードジャケット!に圧倒された、こーゆーレコードジャケットの楽しみが無い、CDやサブスク配信の現代の音楽好きはかわいそうだぞ
I think I was in middle school when I first heard “In The Court Of The Crimson King”.I was overwhelmed by the impressive record jacket! I feel sorry for the modern music lovers who don’t have the pleasure of this kind of record jacket, and who use CDs or subscribe to music.

そして1曲目、21st Century Schizoid Manが始まる、ちょーカッコイイんですけど、ナニコレ、ボーカルどうなってるの?昭和の中学生には何もわからない
Googleが無い、インターネットが無い、そもそもパソコンが無い、調べようがない
The first song, 21st Century Schizoid Man, starts, and it’s really cool, but what’s going on with the vocals? A junior high school student in the Showa era doesn’t know anything.No Google no internet, no computer to begin with.

しかし2曲目以降になるとさっぱり面白く無い、ロックはキッスしか知らない様な中学生には、プログレ?わからん?でした
But after the second song, it’s not interesting at all, and for a middle schooler who only knows rock music from Kiss, progressive rock? I don’t know. That was it.

それから数年後、ノヴェラのおかげでプログレも好きになり
数十年後の今では2曲目のI Talk to the Windが好きになってしまった
A few years later, thanks to the Japanese rock band Novela, I also fell in love with progressive rock.Now, decades later, I love “I Talk to the Wind”.

21st Century Schizoid Manの不協和音の直後に始まるこの曲、21st Century Schizoid Manとは対照的に、穏やかでシンプル、Ian McDonaldのフルートがひたすら美しい、心穏やかになる曲です、私年寄?
This song starts right after the cacophony of 21st Century Schizoid Man, and in contrast to 21st Century Schizoid Man, it is calm and simple, and Ian McDonald’s flute is just beautiful, it is a peaceful song, am I oldman?
そういえばこのI Talk to the Windだけ曲名の後の(including ナンチャラ) ってのが無いよね?
By the way, only I Talk to the Wind doesn’t have “including …..” after the song title, right?

Amazon | In the Court of the Crimson King | King Crimson | 輸入盤 | 音楽
In the Court of the Crimson Kingが輸入盤ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

収録曲
21st Century Schizoid Man (including “Mirrors”)
I Talk To The Wind
Epitaph (including “March for No Reason” and “Tomorrow and Tomorrow”)
Moonchild (including “The Dream” and “The Illusion”)
The Court of the Crimson King (including “The Return of the Fire Witch” and “The Dance of the Puppets”)

以下2冊参考にしました、Kindle Unlimitedで読めますよ

Amazon.co.jp: プログレッシヴ・ロックの名盤100 eBook: 立川 芳雄: Kindleストア
Amazon.co.jp: プログレッシヴ・ロックの名盤100 eBook: 立川 芳雄: Kindleストア
プログレ百物語: プログレッシヴ・ロック名盤百選 | 毛利孝夫 | 音楽 | Kindleストア | Amazon
Amazonで毛利孝夫のプログレ百物語: プログレッシヴ・ロック名盤百選。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

私はコレでロックを聴いてます↓↓

タイトルとURLをコピーしました