飛べ!エアロスミス Get Your Wings Aerosmith エアロスミスのTrain Kept A Rollinのギターソロは誰が弾いたのか?みのミュージックを泣かせたのは誰?

スポンサーリンク

飛べ!エアロスミスは、Aerosmithの2ndアルバム。1974年3月発売。原題はGet Your Wings
エアロスミスのTrain Kept A Rollinのギターソロは誰が弾いたのか?みのミュージックを泣かせたのは誰?

コロムビアレコードは、前作Aerosmithで唯一ヒットしたDream Onのようなメロディアスなアルバムを望み、プロデューサーにBob Ezrin起用を主張、しかしAerosmithはストレートでライブ感溢れるアルバム作りを希望

両者平行線を辿っていたが、Bob Ezrinはバンド側の意向を尊重し、
それでは当時駆け出しの新人プロデューサー、Jack Douglasではどうか?と紹介した

結果Jack Douglasとのタッグは大成功
Aerosmithらしいハードロックアルバムに仕上がり、本作Get Your Wingsに続き
Toys in the Attic(闇夜のヘヴィ・ロック)
Rocks
Draw the Line
Live! Bootleg
と名作を次々と産み出した

Amazon | 飛べ!エアロスミス | エアロスミス | ロック | 音楽
飛べ!エアロスミスがロックストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

収録曲
Same Old Song and Dance
Load of the Thighs
Spaced
Woman of the World
S.O.S. (TOO BAD)
Train Kept a Rollin’
Seasons of Wither
Pandora’s Box


エアロスミスの “Train Kept A Rollin’のギターソロは誰が弾いたのか?みのミュージックを泣かせたのは誰?
日本語wikiには
ゲスト・ミュージシャン
スティーヴ・ハンター – ギター(ノンクレジット)
ディック・ワグナー – ギター(ノンクレジット)
とあるだけで、どの曲とは書かれていない

しかし英語wikiには以下の記述がある
Additional musicians
Steve Hunter – lead guitar on “Train Kept a Rollin'” (first half)
Dick Wagner – lead guitar on “Train Kept a Rollin'” (second half) and “Same Old Song and Dance”
詳しくはこちらの記事をどうぞ

WHO REALLY PLAYED GUITAR SOLOS ON TRAIN KEPT A ROLLIN
STEVE 'The Deacon' HUNTER ‘Train Kept A Rollin’, was written by Tiny Bradshaw in 1951. The song was given new life by The Yardbirds ...

タイトルとURLをコピーしました